作りの工夫いろいろ  〜8つのポイント〜
刃物や工具は相手を壊す働きをしますから、まず相手の性質を見極めることが重要です。
硬い・柔らかい・ねばい・脆いなどの性質に対応した最適な作りが求められます。
そこで、これらに対処するためには8つの要素・工夫について考えなければなりません。

より詳しくは DVD に収録   (作りの工夫編:映像・音声入り)

@ 硬さと強さを保つ

A 相手の性質にマッチ

B 力を一点に集中

C 集団の力を利用


D 相手を逃さない

E 摩擦と熱を防ぐ

F 異物の付着を防ぐ

G さびを防ぐ