刃物や工具にとって、性能を高める六つ目の要素は、摩擦や熱から
身をまもることです。

性能を高める六つ目のポイントは、切削時の摩擦抵抗を少なくして、
発熱を抑制することです。

大半の刃物は切る、削るなどの仕事をする際には多かれ少なかれ
相手材と摩擦が生じます。刃物にとって摩擦は避けられない現象
の一つです。

この摩擦は熱に変わり、熱は軟化の原因となります。軟化すること
によって摩耗し易くなります。

このように、相手材との摩擦は悪いことばかりで、悪循環を繰り返
す厄介者です。極力避けるよう努めなければなりません。

摩擦や熱の対策としては、
硬質膜コーティング、樹脂コーティング、めっき、油などの潤滑剤の
塗布、空気や水での強制冷却などが効果的です。
 作りの工夫 そのE 摩擦や熱を抑える

より詳しくは DVD に収録   (作りの工夫編:映像・音声入り)